2014.12.23
香川県 丸亀市

大人も子どもも楽しめる“いのくまさん”の駅前ミュージアム

JR丸亀駅(香川県丸亀市)の南口を出て、すぐ右手に見えるのが『丸亀市猪熊弦一郎現代美術館』—通称MIMOCA(ミモカ)です。

駅前という立地は、地方の美術館にはめずらしいのだそう。画家・猪熊弦一郎(1902―1993)は、「美術館を日常に」という思いで自らこの場所を選びました。地元では“いのくまさん”と親しまれる猪熊氏。実は、ある百貨店の包装紙をデザインしたことでも有名です。

このカタチ……そう、三越の包装紙で見覚えがありますよね!? 美術館併設のカフェでは、デザインの一部を切り取ったコースターが使われています。

こちらは3階の展示室。天井が7メートルと、とても高いのです! いのくまさん自身が開放感にこだわり、最初の設計より高くしたため天井のはりをそのまま見せるデザインになったのだとか。ゆったり過ごしてほしいという気持ちが伝わってきます。


2階の展示室には、画家の愛用品や収集品が。絵の具のついたエプロンから使いかけのローソクまで……ありし日の息づかいが聞こえてきます。(※中身は展示替ごとに変わります)

美術館の外にはアートセンターやカフェがあり、階段やカフェ前の広場は公共スペースとして市民に開かれています。

先ほどコースターを紹介した『カフェレストMIMOCA』。店内の家具は、イサム・ノグチやハンス・ウェグナー、柳宗理など、いのくまさんの友人や同時代の作家によるもの。「美術館はいいものに触れる場所」という思いがあふれています。

カフェのランチも彩り豊かで美しい!(『いのくまの昼飯』1200円 ※メニューは月替わり)

最後の写真は2014年11月23日の開館記念日の様子。毎年この日はイベントが開かれ、たくさんの人でにぎわいます。オブジェで遊んだりワークショップに参加したり。子どもから大人まで、楽しく過ごしながら本物のアートに触れていました。
丸亀の“駅前ミュージアム”では、いのくまさんが願った「美術館のある日常」が実現しています。あなたもMIMOCAを訪れれば、もっとアートが好きになるかもしれません♪


丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
住所/香川県丸亀市浜町80-1
開館時間/10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日/年末12月25日から31日、および展示替え等による臨時休館日
電話/0877-24-7755
HP/https://www.mimoca.org/ja/

瀬戸内Finderフォトライター 古川いづみ

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

古川 いづみ

古川 いづみ

古川 いづみ/フォトライター 1982年生まれ、香川県出身。東京の制作会社で雑誌やWeb媒体の編集&ライティングにたずさわったのち、2012年、結婚を機に広島へ。現在、保育園へ通う息子の送り迎えをしながら仕事をしています。取材ネタは、もっぱら週末に家族で行くドライブで収集。好きな道は西条〜三次方面の375号線、好きな食べ物は宮島のあなごめしです♡

「その他」の記事はまだまだあります

その他一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP