2016.3.21
アート

瀬戸内に架かる橋まとめ!迫力のある絶景スポット(神戸大橋・明石海峡大橋・大鳴門橋・瀬戸大橋)

「多島美」という言葉通り、瀬戸内海には多くの島々が存在しています。島々と人々を繋ぐ橋は、瀬戸内にとってはなくてはならない存在で、形態や特徴も様々。日本最大・世界最大級を誇る高い技術や長さのものあり、瀬戸内の美しい風景に一層の魅力を添えています。瀬戸内の橋の大きな特徴と言えば、“自転車”。日本で初めての海峡を横断する自転車道をはじめ、自転車で通行できるものが多く、サイクリング愛好家をはじめ、多くの人々に愛されています。

神戸大橋(兵庫県)

4779-1

神戸の中心地三宮とポートアイランドを結ぶ神戸大橋は、日本発のダブルデッキアーチ型鋼橋。橋の袂の北公園からは港と神戸の街並みや六甲山が一望できます。夜にはライトアップされ絶好の夜景観賞ポイントでもあり、又クルーズ客船撮影の好適地としても知られています。


神戸大橋 Google Map

明石海峡大橋(兵庫県)

4779-2

本州と淡路島を結ぶ全長3,911mの世界最長の吊り橋。夜間には季節・時間などによって変化する多彩なライトアップが実施され、それが真珠を連ねたように美しいことから、“パールブリッジ”の愛称で親しまれています。


明石海峡大橋 Google Map

大鳴門橋(徳島県)

4779-3

4779-4

大鳴門橋は本州四国連絡橋の神戸~鳴門ルートに属し、渦潮で有名な鳴門海峡の大毛島の孫崎と淡路島の門崎を結ぶ全長1,629mの長大吊橋。近くに橋と渦潮をテーマにした大鳴門橋架橋記念館「エディ」があります。


鳴門大橋 Google Map

瀬戸大橋(香川県)

4779-5

1988年に開通した瀬戸中央自動車道のうち、海峡部9.4kmに架かる6橋を総称して瀬戸大橋と呼んでいます。2層構造の道路・鉄道併用橋で、吊橋、斜張橋、トラス橋など、世界最大級の橋梁が連なる姿は壮観です。


瀬戸大橋 Google Map

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

この記事を取材したフォトライター

瀬戸内Finder 編集部

瀬戸内Finder 編集部

地元の皆さんからの写真や、在住ライターの記事で発信する、瀬戸内地域の観光情報サイト、「瀬戸内ファインダー」を作る編集部です。 瀬戸内海を囲む兵庫県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、徳島県の7県に関わる旬な情報を日々更新しています。   お問い合わせは下記まで Email : staff@setouchifinder.com

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP