国内産オリーブオイルをおためしあれ!

皆さんのご家庭に、オリーブオイルはありますか?
主にイタリア料理に使われ、お店に並ぶ商品もイタリア産が多いですね。
ですが、イタリアから日本に運ばれるためには、とても時間がかかります。それに種類も豊富で、どれを選んでいいか悩む人も多いのでは?
オリーブオイルは、いわばオリーブの実からとったフレッシュジュース。鮮度がとても重要なのです。

香川県小豆島にはオリーブの木が沢山植えられています。
地中海の気候に似た小豆島は、明治時代にオリーブの栽培に成功。
今では、国内のオリーブの95%以上は香川県産なのです。

「新鮮なオリーブを一度味わってみて!」
小豆島から編集部に届いたオリーブの新漬。
家庭で漬けることができるというのも初めて知ったのですが、さらに驚いたのは、食べ慣れているものと全く味わいが違うことです!コリっとした歯ごたえと、爽やかな風味にびっくり!

国内産のオリーブ製品が欲しいと思ったら、香川県のアンテナショップがオススメです。
こちらは新橋にある香川・愛媛せとうち旬彩館に並ぶオリーブ製品のごく一部。
このようなオシャレな商品も沢山販売されています。とにかく種類が豊富!
プレゼントにも喜ばれそうです。

こちらのオリーブオイル(エキストラバージンオリーブオイル:ひまわりの家)は、小豆島産オリーブ100%で作られたもの。
“早摘みオリーブオイル”を味わったことはありますか?
未体験の方は驚かれると思いますよ!!
まだ青い果実を頬張ったような、若々しくパワフルな香り。ぜひ、オイルそのものの香りを楽しんでいただきたいですね。
シンプルにバゲットにつけていただくのがオススメです!

オリーブは、果実のまま食べるものと油にされるものとで収穫時期が異なります。
塩漬けなどに加工するものは9月〜10月。
油用のオリーブは10月末〜翌年1月頃まで。
その中でも早摘みオリーブは、オリーブの実がまだ熟さないうちに摘み取ります。
完熟オリーブからとれる量に比べ、早摘みオリーブからはほんのわずかなオイルしかとれませんから、とっても貴重なオイルなのです。
美味しいオリーブ製品を求めに、ぜひお店に足を運んでみてくださいね。

協力:香川・愛媛せとうち旬彩館
所在地:東京都港区新橋2-19-10 新橋マリンビル1・2F
TEL:03-3574-7792
HP:http://www.setouchi-shunsaikan.com/contents/index.html

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

瀬戸内Finder 編集部

瀬戸内Finder 編集部

地元の皆さんからの写真や、在住ライターの記事で発信する、瀬戸内地域の観光情報サイト、「瀬戸内ファインダー」を作る編集部です。 瀬戸内海を囲む兵庫県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、徳島県の7県に関わる旬な情報を日々更新しています。   お問い合わせは下記まで Email : staff@setouchifinder.com

「おみやげ・お取り寄せ」のランキング

「おみやげ・お取り寄せ」の記事はまだまだあります

おみやげ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP