岡山自慢のオーガニックフード食べられる。マルシェ『有機生活マーケットいち』

岡山駅から桃太郎大通りを岡山城方面に10分ほど歩くと、西川と分流の枝川沿いに整備された総延長2.4kmの西川緑道公園があります。
花壇や街路樹がある緑のオアシス。岡山市の中心部にありながらホタルも舞うそうです。

その西川緑道公園で行われているマルシェが『有機生活マーケットいち』。年8回(1,2,7,8月はお休み)第3日曜日に開催されます。
マルシェには有機、農薬不使用、岡山県産の野菜やそれらの素材を使った料理、ヘンプやオーガニックコットンなどの衣料を扱う店舗など、約40〜50店舗が西川緑道公園沿いに並びます。

温暖な天候に恵まれた『晴れの国』岡山は美味しい食材の宝庫。
『有機生活マーケットいち』では、その中から選りすぐりの有機食材を楽しむことができます。

移動式の石窯ピザ屋さん。
有機素材にこだわった食材で焼きたてピザが食べられる。
フォトライター・ココホレジャパンのおすすめは、1日10食限定、岡山県蒜山のチーズをふんだんに使った『バンビーノ』。

こちらは『ボンドゥ』のカンパーニュ。石釜でじっくり焼いた天然酵母のパンは独特の酸味がくせになります。

外国人の方の出店も。地元のおじいさんも興味津々。

出店者の人たちと直接お話をしながらお買い物ができるのがマルシェの醍醐味。おすすめのお店や穴場スポットなどの旅の情報も手に入るかも。
ガイドブックにはあまり載らない、ちょっと通な岡山の新名所へ気軽に立ち寄ってみてください。


有機生活マーケットいち
開催日:3月〜6月、9月〜12月の第3日曜日
開催時間:10:00〜16:00
HP:http://www.ichi-jp.org/archives/portfolio-category/market

瀬戸内Finderフォトライター アサイアサミ/浅井克俊(ココホレジャパン)

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

ココホレジャパン

ココホレジャパン

浅井 克俊/フォトライター 地域おこしプロデューサー・瀬戸内市地域おこし協力隊。 1974年、横浜生まれ。既婚・息子ひとり。広告代理店経て、タワーレコードに入社。 ブランドマネジメント、セール・キャンペーンの企画制作、タイアップ、ライヴイベントの企画運営などに携わる。 販促企画部部長、ライブ事業部部長を経て、2012年9月に退社。縁もゆかりもない岡山県瀬戸内市に移住。 同年10月より瀬戸内市地域おこし協力隊として活動をはじめる。 2013年7月「地域の魅力を 広告する会社」ココホレジャパン設立。 古民家再生、特産品の開発、地域ブランディングなどに取り組む。 ココホレジャパン http://kkhr.jp/   アサイアサミ/フォトライター エディター&ライター。 ジャンルは主にソーシャル、音楽、暮らし(家)。東京生まれの東京育ちが2012年にノリで岡山県瀬戸内市に移住しました。雑誌は「リンネル」「田舎暮らしの本」「クウネル」などで執筆。オモシロイ友だちの書籍なども制作しています。 またFM岡山の番組ディレクター、構成作家なども。 読ませる字から聞こえる字まで、モノヒトコトを日々かきかきしています。 ココホレジャパン http://kkhr.jp/

「おみやげ・お取り寄せ」のランキング

「おみやげ・お取り寄せ」の記事はまだまだあります

おみやげ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP