名画の世界を原寸大で堪能!モネの『大睡蓮』の庭と名画1000点/徳島県鳴門市

6月に咲き始め、夏に見頃を迎える睡蓮。その美しさといえば、モネの大作『大睡蓮』でも広く知られています。

屋外に設置された大きな『大睡蓮』の作品。

こちらは徳島県にある大塚国際美術館。
ポカリスエットで有名な大塚グループが創立75周年記念事業として設立しました。
こちらの特徴は、名だたる名画1000点余を一日たっぷり堪能できること!

まず、地下3階からエスカレーターを上がると正面に大塚国際美術館のみどころの一つ『システィーナ礼拝堂天井画及び壁画』を再現したシスティーナ・ホールがあります。
システィーナ礼拝堂とは、バチカン市国内にあるローマ教皇の公邸であるバチカン宮殿にある礼拝堂です。

この美術館、実はオリジナル作品が1点もない美術館なのです。
どういうこと?と思う方も多いと思いますが、作品の素材が絵画ではなく陶器の板『陶板』に原寸大に再現しているからなのです。
再現といえど6名の選考委員によって世界25カ国190余りの美術館から選定された西洋名画たち。
ピカソの『ゲルニカ』をはじめ、ダ・ヴィンチの『モナ・リザ』や『最後の晩餐』、モネの『大睡蓮』、ゴッホの『ヒマワリ』など世界の名だたる名画…その数なんと1000点余。


そのすべてを大塚オーミ陶業株式会社の特殊技術によって陶板に再現され、日本で唯一、徳島県で世界の美術作品を一日たっぷり体感できるのです。

そしてこの美術館の特徴のひとつ、館内のすべてが写真撮影が可能という事。
数々の名画や『スクロヴェーニ礼拝堂壁画』『システィーナ・ホール』と一緒に記念撮影も可能なんです。

そして、こちらの庭にモネが愛した睡蓮が咲き始めるのは6月頃。夏にピークを迎え10月頃まで楽しむことができます。
自然味あふれる庭で、まるで名画の中に入ってしまったような心地を楽しめます。

テーマにあわせたギャラリートークやランチなど一年を通してたくさんのイベントや行事が用意されています。

ぜひ、ガッツリ一日使って芸術を堪能してみてはどうでしょうか?

※写真は大塚国際美術館の展示作品を撮影したものです。


大塚国際美術館
〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町 鳴門公園内
TEL.088-687-3737
開館時間:9時30分から17時まで|月曜日休館
(祝日の場合は翌日休館・1月は正月明けに連続休館あり)
入場料金:小中高生 540円/大学生 2160円/一般 3240円
P:無料
http://www.o-museum.or.jp/

瀬戸内Finderフォトライター 日根野太之

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP