あの有名スイーツも! グルメの宝庫『道の駅 みはら神明の里』

東西に広がる瀬戸内地域の、ほぼ中心に位置する広島県三原市。ここは戦国時代、毛利元就の三男・小早川隆景が治めた歴史ある街です。そんな三原市、実はおいしい食材の宝庫なのだとか! というわけで、地元物産の集まる『道の駅 みはら神明の里』へ行ってきました♪

港町・三原で有名なのは、なんといってもタコ! なんですが……フォトライター古川がまず心ひかれたのが、このどーんと大きな手羽肉『とり舵一本』!!

直径およそ25センチ! 鶏肉生産量が県内随一の三原では、いまタコに続いて鶏肉を推しています。『神明鶏(しんめいどり)』というブランド名で、さまざまな商品づくりを進めているのだそう。

お肉の上にみかんが! ニンニク+しょうゆ+瀬戸内の夏みかん。この甘辛い味付けに箸が止まりませ〜ん!! ということで、こちらを『道の駅 みはら神明の里』のおいしいものBest1に決定。

続いてBest2をご紹介。

これはご存知の方も多いかもしれません。そう、いまや東京や大阪はもちろん海外でも大人気、
八天堂の『くりーむパン』! 包み紙にもあるとおり、八天堂はここ三原のお店なんです。

しっとりふんわりの生地にとろ〜りカスタード。夢のような食べごこちです♡ 道の駅では土日限定発売ですが、午前中で売り切れてしまうこともあるのでご注意を!

それではBest3を発表します!

タコの塩、その名も『蛸塩』! タコは三原の一大特産物なだけに加工品は山ほどあったのですが、なかでもめずらしいこちらを選んでみました。

原材料はタコ、昆布、塩。なめてみるとタコの風味がはっきりとわかります。試しにおむすびをつくってみると、タコ飯風の味になりました♪ 和食にも洋食にも、使い道をアレコレ考えるのが楽しい!

買い物を楽しんだあとは、瀬戸内の多島美をのぞむ展望デッキへ。『道の駅 みはら神明の里』には、おいしい食材だけでなく素晴らしい景色もありました。食べても見ても楽しい港町の道の駅、あなたもぜひ訪れてみてください♪


『道の駅 みはら神明の里』
住所/広島県三原市糸崎4-21-1
営業時間/販売施設・レストラン 9:00~18:00(1階エントランスは24時間オープン。その他施設の営業時間は下記ホームページにてご確認下さい)
定休日/第三火曜日
電話/0848-63-8585
HP/http://www.shinmeinosato.jp/

瀬戸内Finderフォトライター 古川いづみ

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

古川 いづみ

古川 いづみ

古川 いづみ/フォトライター 1982年生まれ、香川県出身。東京の制作会社で雑誌やWeb媒体の編集&ライティングにたずさわったのち、2012年、結婚を機に広島へ。現在、保育園へ通う息子の送り迎えをしながら仕事をしています。取材ネタは、もっぱら週末に家族で行くドライブで収集。好きな道は西条〜三次方面の375号線、好きな食べ物は宮島のあなごめしです♡

「おみやげ・お取り寄せ」のランキング

「おみやげ・お取り寄せ」の記事はまだまだあります

おみやげ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP