うさぎ・絶景・毒ガスの歴史。大久野島サイクリング/広島県竹原市

大久野島(おおくのしま)は、広島県竹原市の離島。
人懐っこいうさぎたちと触れ合える「うさぎ島」として大人気の観光スポットです。
うさぎの数は何と500羽以上にもなるとか!

もふもふ好きにとっては夢のような場所ですが、戦時中は毒ガス工場があったことから「地図から消された島」ともいわれています。

周囲4kmの小さな土地に、光と影を抱いた大久野島。
この島ならではのアクティビティと、毒ガス製造に関する史跡めぐりという2つの面で大久野島をご紹介します。

まずは忠海港フェリーターミナルへ

大久野島へは、忠海港(ただのうみこう)から船で約15分。
まずはフェリーor客船のチケットを購入しましょう。

大久野島は基本的に車の走行はNG。キャンプなどの理由がない限りは、車は港の無料駐車場に停めて船に乗り込みましょう。

忠海港フェリーターミナルの中はうさぎグッズでいっぱい。
Tシャツなどのアイテムからお菓子にドリンク、日本酒までうさぎ尽くし!

うさぎのエサは島内では買えないので、ココでゲットして船に乗りましょう。

忠海港〜大久野島、約15分の船旅

大久野島行きの船はフェリーと客船の2種類あり、どちらも所要時間は約15分、大人片道360円。
行きは7時台から、帰りは19時台まで、1時間に1〜2便ずつ運航しています。
(季節や曜日で便数が変わるので、時刻表を確認しましょう)

フェリーターミナルには1日500円の手荷物一時預かりサービスもあるので便利!

船の時刻表・料金などはコチラ

大久野島に到着!無料シャトルバスに乗ろう

船に揺られて約15分で大久野島に到着!

船を降りて目の前のフェリーターミナルでは、島で唯一の宿泊施設『休暇村 大久野島』へのシャトルバスがお出迎え。
宿泊客でなくても無料で利用できます。

休暇村 大久野島へは、港から歩いて約15分。
バスはうさぎたちをびっくりさせないようゆ〜っくり進むので所要時間はあんまり変わりません(笑)。真夏や雨の日でなければ海を見ながら歩くのもいいですよ!

シャトルバスは『大久野島桟橋』『毒ガス資料館』『休暇村 大久野島』を船の発着時間に合わせて運行しています。
ピンポーン♪式の降車ボタンはないので、毒ガス資料館前で途中下車したい場合は出口側に乗りましょう。

『休暇村大久野島』でランチタイム

まずは島で唯一の宿泊施設『休暇村 大久野島』へ。

キャンプ場やレンタサイクルの受付、釣り道具などの貸し出し、日帰り温泉に夏季限定のプールなどサービスが盛りだくさん!
もちろん食事もできますよ。

ロビー横『うさんちゅカフェ』のおすすめは、ココアピーナッツがくっついた「ウサギのはなくソフトクリーム」。はなく…… ネーミングに若干の抵抗を感じつつ……おいしい(笑)。

小腹が空いたら「タコ天カレー」「タコ天ぶっかけうどん」、土日祝限定の竹原ご当地バーガーなどの軽食をどうぞ。
同じく1階にあるレストランにはご当地食材を使った定食もあります。


休暇村 大久野島
住所/広島県竹原市忠海町5476-4
電話/0846-26-0321
https://www.qkamura.or.jp/ohkuno/

GO! 大久野島サイクリング

この日は『休暇村 大久野島』で電動自転車をレンタルして、島をぐるっと一周サイクリング!
1台2時間800円で借りることができました。

2時間って少ないかな?と思ったけど、大久野島は周囲4km。
ゆっくり走っても30分、寄り道しながらでも余裕です。

ちなみに一周後に時間が余ったので、もう一周できるかも…… と寄り道せずに走ってみたら何と10分で一周できました。そのくらいミニです。大久野島。

大久野島は前述した通り、離島です。つまり海沿いは絶景!
山道もありますが、木々の間から見える瀬戸内海もほら、美しい。

坂に備えて電動タイプを借りましたが、普通タイプの自転車、子ども用の自転車もありますよ。気温や体力に合わせて選びましょう。

\耳寄り情報/『大久野島C+walk T』運行中!

大久野島では2022年、トヨタ自動車から発売された3輪立ち乗り型EV〈C+walk T(シーウォーク)〉の島内ツアーを開始!

現在は要原付免許証(免許なしの方は特設コースのみOK)・要ヘルメット着用ですが、2023年4月に改正道路交通法が施工されれば、免許不要・ヘルメット着用不要になる予定。
その際にはレンタサイクルのようにあまり制限のない貸出が可能になるということです。

2022年現在、C+walk Tは1台40分1,500円。
既に大人気で、当日予約は取れない可能性大なので事前予約がベター。
詳しくは広島トヨペットの特設ページでチェックしてくださいね。

島の歴史探訪。毒ガス製造の史跡めぐり


三軒家毒ガス貯蔵庫跡


長浦毒ガス貯蔵庫跡


発電所跡

 

ここからは「地図から消された島」大久野島の史跡巡りです。

戦時下、大久野島には毒ガス製造のための施設が点在していました。
昭和4年から昭和20年まで続いたという毒ガス製造の実態は旧軍関係者以外には徹底的に隠され、昭和59年までその事実はほとんど明るみになることはなかったといいます。

軍から出された当時の日本地図は、大久野島周辺が切り取られたかのように空白になった状態だったということから、後に「地図から消された島」と呼ばれるようになりました。

現在は砲台跡・発電場・毒ガス貯蔵庫などがその姿を遺していますが、休暇村として開発される以前はこれより多くの史跡があったそう。

数少なくなったとはいえ、今もはっきりとその歴史を写し続ける史跡群。
火炎放射器で焼かれ真っ黒に焦げたコンクリート、それを覆う眩しいほどの緑。
痛々しい史跡の周りに、ウサギがひょっこりと顔を出すことも。

その強烈なコントラストに、今ある平和の大切さを痛感せずにはいられません。

島内にある『大久野島毒ガス資料館』では、大久野島の悲痛な歴史をより深く知ることができます。ぜひ訪ねてみてください。

お待たせ! 大久野島・ウサギタイム♪

そうです。
大久野島といえばウサちゃんです。
ターミナルで買ったエサを片手に、前のめりでウサギの姿を探します。

筆者の私、大久野島にはいろんな季節に訪れましたが、真夏は初めて。
ウサギ=もふもふ=暑い。
そう、真夏のウサギたちは木陰や草の中、山の中、穴の中…… つまり見えないところで涼んでいます。
そうだろうなぁと思って朝9時には島に着いたけど遅かった。暑かった…

涼しい季節なら、船が島に到着した瞬間にこのもふもふたちが集まってきます。
休暇村前の芝生広場では、ウサギたちがまるで鳩のようにぎゅうぎゅうに詰め寄ってきますよ!

猛暑日は、歩いてウサギを探すのは至難のワザ。
おすすめはやっぱり、レンタサイクルで島内一周することです。
山道を走りながら、道すがらウサギと触れ合い、史跡を巡りましょう。

こちらのページにウサギとの触れ合い方のルールが詳しく載っています。
ウサちゃんたちに優しい訪問客になりましょうね。

大久野島でキャンプ&海水浴!

夏はキャンプや海水浴が大人気!
行きのフェリーの中も、カラフルな浮き輪でいっぱいでした。

キャンプ場にはフリーテントサイトの他に、初心者でも安心な「手ぶらでキャンプサイト」、カーペットが敷かれたテントが設営済みの「おしゃれサイト」などもあります。
詳しくは休暇村 大久野島のキャンプ場ページで確認を。

ウサ耳での撮影もお忘れなく

大久野島といえばココでの記念撮影も逃せません!

ウサギの耳の形をした集音器。
敵を素早く発見するために大きくなったというウサ耳を体験できますよ。

大久野島ビジターセンターが毒ガス資料館のすぐ近くにあるので、行ってみましょう。

ウサギ、絶景、毒ガス製造。絶対行きたい大久野島!

いかがでしたか?

SNSで人気沸騰する以前から何度も足を運んでいる筆者も、「大久野島を語るには、何度も行かねば無理だな……」と思うほど要素が多すぎる大久野島。

ウサギにキャンプに史跡巡りに、テーマを変えつつ何度も訪れようと思います。

最後に。
ウサギたちは本当に可愛いので、トキメキ注意!


【瀬戸内、島めぐり/大久野島】

広島県竹原市の沖合に浮かぶ、周囲約4kmの小さな離島。島には休暇村(※)があり、マリンスポーツなどを楽しむことができます。うさぎがたくさんいる理由は、かつて小学校で飼われていたうさぎが野生化して繁殖したという説が有力。
また、戦時中にはこの島で毒ガスが生産されていたことから、毒ガス資料館などを設置して戦争の悲惨さを伝えています。
※ 注:休暇村とは、国定公園などにあるリゾートホテルのこと


休暇村 大久野島
住所/広島県竹原市忠海町5476-4
電話/0846-26-0321
https://www.qkamura.or.jp/ohkuno/


フェリーについて(運航時間、発着場所等)
忠海港⇄大久野島
http://rabbit-island.info/
※ 忠海港までは、JR忠海駅から徒歩で約7分。港に無料駐車場あり
※ 基本的に島内は車両の通行ができません。キャンプ目的等で必要な場合は要事前連絡
※ 大久野島の桟橋から『休暇村 大久野島』本館までは、無料送迎バスあり

 

瀬戸内Finderフォトライター 塚本 明日香

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

塚本 明日香

塚本 明日香

広島県尾道市生まれ。 地元誌の編集を10年間経験したのち、現在は瀬戸内エリアの編集者・ライター・Webディレクターとして活動中。愛用カメラはNikon D610。 大人になってからの趣味は演劇と舞。外が好きでどこでもバイクで行きたがる。夢は犬に囲まれて暮らすこと。

Hashtags

旬のキーワード

「サイクリング」のランキング

「サイクリング」の記事はまだまだあります

サイクリング一覧

Release

瀬戸内リリース

Ranking

記事ランキング

Keyword

人気のキーワード

Hashtags

旬のキーワード

Features

特集

特集一覧
こちらもおすすめ
せとうちを巡ろう!旅行先の「ちょっと先」に行きたい場所が見つかる。
瀬戸内海はいろんな橋や船で繋がる、「めぐる」のに便利な場所。せとうちの魅力を堪能するには、1か所だけじゃもったいない。せっかくなら、もう一足伸ばして、別の魅力も体験しませんか?
PAGE TOP