【番外】お出かけ日本酒マリアージュVOL.5 兵庫県編 辰馬本家酒造『白鹿 おづしぼりたて』×『紅梅餅』

食べ合わせや、温度、酒器の違いにより、さまざまな顔を見せてくれるのが日本酒の魅力。
相手(料理)の長所を活かしながら調和する奥ゆかしさが持ち味です。
日本酒独特の〝ゆるやかな酔い心地″を楽しみながら、自分好みの味わいを探ってみませんか?
そんな『日本酒遊び』は、笑顔広がる時間になること間違いなし!

家飲みマリアージュは、
国内外述べ1万件の飲食店で飲み歩いてきた唎き酒師・菅波葉子が、瀬戸内の地酒と肴を独自の視点で紹介していくコーナーです。

【今日のお酒】
今回は兵庫県から絶対飲むべきお酒をセレクト!
兵庫県 辰馬本家酒造『白鹿 おづしぼりたて』

※グラフの説明
日本酒に含まれる主な4つの味わい要素①香り度②旨み度③酸み度④甘み度に、使用している米や酵母の地元産使用度(瀬戸内度)を加え表現しました。

兵庫県といえば国内最大の日本酒生産地であり、『灘の酒』として有名です。
この地域は、酒造りに適した酒米・宮水(上質なミネラル水)という材料、酒造りを助ける六甲颪の風と瀬戸内の気候、作り手の丹波杜氏の技術、そして酒を輸送するのに適した地の利に恵まれ、日本酒の名産地として江戸時代から栄えてきた場所です。
水質からキレのある辛口味のものが多い灘のお酒は『男酒』と称されています。
今回は灘の酒『辰馬本家酒造』の日本酒サロン『おづ』にお邪魔し、好奇心が刺激される日本酒マリアージュを体験してきました!!

今日ご紹介する日本酒は『白鹿 おづしぼりたて』。
こちら実は普通酒※なのです!
みなさん、普通酒と聞いて思い浮かぶのは?
カップ酒やパック酒といった昭和の香り漂うイメージではないですか?
今時の普通酒、侮れません!
まずデザイン!
『おづ』はカップじゃなくて瓶!しかもボトルがとってもオシャレ!
瓶のフォルムがとにかくスマートで、注ぐ姿もなんだか美しいのです。
※普通酒:特定名称酒と呼ばれる本醸造、純米酒、吟醸酒の規格外の清酒を普通酒と呼ぶ。

そして味わい!
普通酒といえば、味わいや香りを楽しむというより、毎日飲める晩酌酒として『飲み飽きしない性質』を持ち合わせているお酒というイメージですが、『白鹿 おづしぼりたて』はボトルの見た目のイメージ通り、爽やかで洗練されたお酒でした。
これが普通酒?と感じてしまうくらい上品なお酒ですが、普通酒ならではの『飲み飽きしない性質』と『どんな相手とも協調出来る懐の深い味わい』をしっかり兼ね備えていました。

【料理とのマリアージュ】
普通酒『白鹿 おづしぼりたて』とエレガントなラフランスの香りのする『水出し茶』、高級和菓子『紅梅餅』という珍しい組み合わせをご提案いただきました。

【おすすめ温度】
すっきりと爽やか系のお酒は、常温もしくはよく冷やした状態がおすすめです!

「いざ、実食!」
和菓子『紅梅餅』の繊細で上品な甘さが合わさることで、お酒のキリっとした辛さが和らいでいきます。
一方、お酒の辛さに触れることで、和菓子の甘さがよりまろやかに変化していきます。
お互いの特徴的な部分が消されてしまうのではなく、融合することで一層豊かで深い味が生み出されるとっても相性のいい組み合わせでした!
『水出し茶』はお口の中がすっきりする効果があり、日本酒と和菓子のマリアージュの盛り上げ役として活躍してくれます。
酒器は花束をイメージしてデザインされたそうです。

こちらのサロンでは、酒器をはじめとした日本酒アクセサリーにも注目です。
花束をイメージして創られた酒器の他に印象的だったのは、こちらの木桶。
木桶から日本酒を緩やかに注ぐ優雅な時間、木の器に注がれる音、そして香り、まさに五感で日本酒を愉しめるとっても贅沢な体験でした。

日本酒と共に旅をすると、その土地の食文化や歴史そして人を知ることにも繋がります。
『日本酒遊び』の旅に出かけて、好みのお酒や肴、素敵な酒器探しをしてみると、日本酒の新しい味わいにたどり着くはずです。


今日のお酒
■辰馬本家酒造株式会社
http://www.hakushika.co.jp/lineup/selection/ozu/index.php

取材協力先
■辰馬本家酒造株式会社『おづKyoto』
http://www.ozushop.jp/

瀬戸内Finderフォトライター 菅波葉子・江崎誠 (㈱Rainbow Sake)

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

Rainbow Sake

Rainbow Sake

菅波葉子 ㈱RainbowSake 菅波葉子(広島県出身) 2011年ハワイから帰国後、広島県に帰郷。 日本国内&ハワイの広告会社勤務の後、日本酒を海外に普及するPR会社㈱Rainbow Sakeを立ち上げました。 『SAKEで世界を笑顔で繋ぐ』その架橋になりたい!という想いで、日本とハワイ・シンガポールを中心とした海外を行ったり来たりしています。 帰国する度に地元の魅力を再発見し、瀬戸内海の心安らぐ穏やかな景色、新鮮で素朴な海の幸&山の幸に癒されています。 ㈱Rainbow Sake http://www.rainbowsake.co.jp/

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP