全国にわずか二社!? 断崖絶壁に立つ『元乃隅稲成神社』/山口県長門市

なぜこんな絶壁に鳥居が??
誰もが不思議に思う異様な光景。事の始まりは今から60年前にさかのぼります。

昭和30年のこと。地域で漁業を営んでいた岡村斉さんの枕元に一匹の白い狐が現れました。白狐は「これまで漁をしてこられたのは誰のおかげか」と過去からの関わりを詳細に述べたあと、「吾をこの地に鎮祭せよ」とのお告げを残し、立ち去ったというのです。
信心深い岡村さんはこの場所を神域と定め、かの有名な島根県の太鼓稲成神社より分霊を移し祭祀。社は小さく粗末なものでしたが、霊験あらたかで参拝者が絶えず、のち123基もの鳥居が寄贈されました。
その神社がこちら!

『元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)』です。
日本海の大海原に向かって、急な斜面を駆け降りるように並ぶ鳥居。
これだけでも異様ですが、さらにその先にもう1つ神域があります。日本海の荒波が岸壁にあいた穴に流れ込み、高さ30mにまで吹きあげるという『龍宮の潮吹』です。

地域で古くから大切にされてきた聖地、今で言うパワースポット。
この『龍宮の潮吹』からの潮が吹きつける場所に立つのが一の鳥居です。

ここから123の鳥居をくぐって参拝します。
参道出口には最後の大鳥居。くぐって帰途につくその前に!…頭上をご覧ください。

5m上空、大鳥居の上部に箱のようなものが備え付けられています。あれ、賽銭箱です。
実はここ『元乃隅稲成神社』は“日本で1番お賽銭を入れにくい神社”とも言われているんです。それを聞いて、チャレンジしないわけにはいきません。

お賽銭と言えば、何といっても5円玉です。狙いを定め、握りしめたコインを賽銭箱に勢いよく投げ上げます。
投げる、拾う、投げる、拾う…10回は繰り返したでしょうか。まったく入る気がしません。まず、賽銭箱が小さい!何より海から吹きつける強風にあおられ、軽い5円玉では狙いが逸れてしまうのです。

朝一番、周囲には誰もいません。銀色の重いコインにチェンジです。
入ったのはそれから6投目…お賽銭を入れてガッツポーズをしたのは初めてです(笑)。

稲荷神社は全国で四万社ほどありますが、「稲成」神社は二社のみ。
この「成」は成就に由来し、様々な願いが叶うと言われているんだとか。賽銭のハードルの高さは、願いの強さを試されているのかも??


【おいでませ!山口】
元乃隅稲成神社
住所/山口県長門市油谷津黄498
駐車場/15台(大型可)
問い合わせ/0837-23-1137(長門市観光課)
https://nanavi.jp/sightseeing/motonosumiinarijinja

瀬戸内Finderフォトライター 藤本雅史

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

瀬戸内Finder 編集部

瀬戸内Finder 編集部

地元の皆さんからの写真や、在住ライターの記事で発信する、瀬戸内地域の観光情報サイト、「瀬戸内ファインダー」を作る編集部です。 瀬戸内海を囲む兵庫県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、徳島県の7県に関わる旬な情報を日々更新しています。   お問い合わせは下記まで Email : staff@setouchifinder.com

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP