365日、毎日が収穫祭!香川・三豊のマンゴー農園/アンファーム(香川県三豊市財田町)

151208_1

私が初めてマンゴーを食べたのは…高校生の頃?確か、珍しいモノ好きの父が買ってきたと記憶しています。
遠い外国で採れる甘い果実。きっと、とても暑い国から運ばれて来たんだろうと思いを馳せたものです。

そのマンゴーが、なんと、香川県三豊市財田町でも栽培されているのをご存知ですか?

マンゴー栽培を手掛けているのは、アンファームさん。

151208_3

マンゴーなどのトロピカルフルーツが大好きだった安藤さんは、
自分の手で育ててみたいと思い、大きなビニールハウスを建て、栽培を始めたのだそうです。

151208_9

栽培ノウハウも知らず、経験もゼロでしたが、「日本一おいしいマンゴーを作りたい」という思いを胸に、まず、マンゴーの産地である九州へ出向き、苗木を求め、土をつくり、温度管理を徹底し、肥料を工夫。そして、インドネシアにも何度も足を運んで、ついに、おいしいマンゴーを育てあげたのです。

アンファームが作る讃岐産マンゴー『乙姫』は、なんと糖度15度以上!
この甘さの秘密は、土にあります。アンファームがある山は、質のいい花崗土で出来ています。もともと植物の栽培に適した土なのですが、そこに玄米アミノ酸酵素や微生物の力で発酵させたボカシ肥料、そして、香川県の竹を粉砕し乳酸菌で発酵させた『さぬき孟芽』と呼ばれる肥料などを加え、マンゴーにたっぷりと栄養を与える土に仕上げているのだそうです。

マンゴーがたわわに実る温室内は、まるで南国の楽園!幸せな甘い香りが満ちています。

151208_2

夏には、マンゴーのほかにドラゴンフルーツ、パッションフルーツ、スターフルーツ、レンブ、ライチなどが採れます。時期を少しずらして、桃やインドナツメなど珍しいフルーツが次々と実ります。

151208_7

嬉しい事に農園近くには、アンファームさんのカフェがあり、夏にはマンゴーをはじめ、トロピカルフルーツ満載のデザートやドリンク。そして、秋から冬にかけては、地元三豊の旬の素材を使ったメニューが味わえます。

151208_4-1

夏季限定メニューの『マンゴーパフェ』。
穫れたて新鮮なマンゴーが程良くひんやり!
一緒に盛られたクリームとからめながら口に運ぶと、マンゴーそのものの魅力に加え、また違った美味しさを発見できます。

151208_4

こちらは、秋冬のメニューです。栗、梨、巨峰など地元採れたてフルーツを贅沢に詰め込んだ『旬の三豊フルーツパフェ』。マンゴーが穫れない季節も十分楽しめるカフェです。

その他、お腹をほっこり満たす珍しいメニューもあります。

151208_5

まん丸いカタチが特徴的な三豊ナスを使った『三豊ナスのこんがりピザトースト』。

151208_6

地元の山で仕留められた猪を使った『森の恵みジビエバーガー』!
これは、猪のお肉を財田のみそで風味付けした田舎風パテに仕立て、三豊のお米でサンドしたという、三豊市財田町にこだわった逸品です。

151208_8

三豊市財田町へ、季節それぞれの味を楽しみに来てください。
マンゴーの収穫月は年によって異なりますが、5月頃です。


マンゴー農園 アンファーム
所在地/香川県三豊市財田町財田上6476-1
電話/0875-67-2336
【5〜10月】営業時間/9:00-17:30 定休日/毎週水曜
【11〜4月】営業時間/10:00-17:00 定休日/毎週火・水曜
http://www.fl-annfarm.com

瀬戸内Finderフォトライター
文章:川井 知子(ドリームネットワークアクティビティ)
写真:柳沢 高文(ドリームネットワークアクティビティ)

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

瀬戸内Finder 編集部

瀬戸内Finder 編集部

地元の皆さんからの写真や、在住ライターの記事で発信する、瀬戸内地域の観光情報サイト、「瀬戸内ファインダー」を作る編集部です。 瀬戸内海を囲む兵庫県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、徳島県の7県に関わる旬な情報を日々更新しています。   お問い合わせは下記まで Email : staff@setouchifinder.com

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP