40年前から愛されるご当地グルメ! 笠岡名物『シャコ丼』/シャコ丼の店(岡山県笠岡市)

1_P3170035

うららかな春の昼下がり、やって来たのは岡山県最西端の港町・笠岡市。
実は、この町に昔からあるご当地グルメが最近話題になっているのだとか。

2_P3170041

訪れたのは、一軒の食堂。手前に『シャコ』というのぼりが立っています。
そう、笠岡のご当地グルメとは、寿司ネタとしても人気の甲殻類『蝦蛄』を使った料理!
それでは、その名もストレートな『シャコ丼の店』へ入ってみましょう。

3_P3170072

店内は素朴で懐かしい雰囲気。さっそくテーブルのメニューを見てみると……

4_P3170066

シャコ、シャコ、シャコ! 
『シャコ丼の店』では、1976年の創業時から笠岡の特産であるシャコを使った料理を提供してきました。
もともとは地元客が中心でしたが、数年前にテレビで取り上げられてからは、県外からも観光客が訪れるようになったのだとか。

5_P3170053

こちらが、ゆでて皮をむいた状態のシャコ。
昔は笠岡沖で大量に捕れていたそうですが、最近では価格も決して安くはありません。
また、身はとても傷みやすいため、毎朝生きた状態から下ごしらえするのだとか。
希少で手のかかる存在だからこそ、注目を浴びています。
そうこうしているうちに、テーブルに『シャコ丼』が登場!

6_P3170056

ふわとろ卵にくるまれたシャコたち♡
見た目はカツ丼のようですが、果たしてそのお味は!?

7_P3170063

もぐもぐ……ああ、なるほど~!
シャコの見た目からエビのような食感をイメージしていましたが、どちらかというとカニに近い印象です。
口当たりはふんわりとしていて、魚介類特有のうまみが美味。
肉に比べてあっさりしているので、女性やお年寄りでもぺろっと食べられます。
ごちそうさまでした!

8_P3170079

先代の後を継ぎ、お店を切り盛りする店主の斎藤路博さん。
「春から秋にかけて捕れる子持ちのシャコもおいしいですよ」とのこと。
自然の恵みゆえ、時に品切れになることもありますが、それも地元の食材を使っているからこそ。
40年間地元で愛され続ける笠岡の『シャコ丼の店』、あなたもぜひ訪れてみてくださいね!


シャコ丼の店
住所/岡山県笠岡市笠岡5914-5
営業時間/11:00~19:00(日曜日は~14:00) ※いずれの日もシャコがなくなり次第終了
定休日/水曜日
電話/0865-63-4506
瀬戸内Finderフォトライター 古川いづみ

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

古川 いづみ

古川 いづみ

古川 いづみ/フォトライター 1982年生まれ、香川県出身。東京の制作会社で雑誌やWeb媒体の編集&ライティングにたずさわったのち、2012年、結婚を機に広島へ。現在、保育園へ通う息子の送り迎えをしながら仕事をしています。取材ネタは、もっぱら週末に家族で行くドライブで収集。好きな道は西条〜三次方面の375号線、好きな食べ物は宮島のあなごめしです♡

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP