オリーブオイル、レモン、生醤油。地元の食材をふんだんに使った創作たこ焼きを食べにいこう。

IMGP6001

香川県高松市を流れる詰田川の近くに、地元の食材をふんだんに使った創作たこ焼きが食べられる
移動販売のお店があると噂に聞いて、たずねてみました。

IMGP6008

マンションの駐車場の一角で営業しているとのことで、教えてもらった住所を頼りに自転車を走らせていると、それらしき屋台に遭遇しました。

IMGP6004

正面にまわってみると、一般的なたこ焼きの屋台とひと味違う、個性的でデザインの効いた印象です。

IMGP6006

お品書きには、『ソース』、『しょう油』、『小豆島』、『からしマヨてりたま』とあります。
この日は、残念ながら『塩すだち』と『モダン焼き』は売り切れてしまったのだそう。
たこ焼きの王道『ソース』と『小豆島』を注文しました。

IMGP6012

店名の『もっちゃん』こと、オーナーの元家(もといえ)さんが、注文してから焼いてくれます。
たこ焼きに使用するタコは、タコのなかでも肉厚なモロッコ産を採用しているのだそう。
常連さんと一緒に立ち話をしながら待っていたら、あっという間にできあがりました。

IMGP6014

まずは、『ソース』をいただきます。
一口食べてみると、酸味のつよい独特のソースの味がします。
ソースの味についてオーナーに質問してみると、高松市仏生山の『ヨシノソース』を使用している、こだわりの一品なのだそうです。

IMGP6015

続いて、ずっと気になっていた『小豆島』をいただきます。
カリッカリに焼かれた、たこ焼きに小豆島の正金の生醤油、オリーブオイル、豊島のレモンがトッピングされています。
今までに見たことのない組み合わせで、期待に胸が高まります。
焼きたてを、ふーふーしながら、一口食べてみました。とても、オリーブオイルと醤油の相性が抜群、
少しだけガーリックとブラックペッパーの風味が感じられます。
最後に、レモンの酸味が後味を爽やかにしてくれ、やみつきになる美味しさです。

IMGP6020

移動販売車のまわりには、『もっちゃん』オリジナルステッカーや缶バッチが至るところにあります。
元バンドマンでありDJの元家さんは、お店のロゴデザインや、オリジナルのバッチやステッカーのグッズ開発に余念がないのだそう。
2016年4月1日エイプリルフールの日に4周年を迎えたことを記念して、
同年5月20日~22日まで高松市小村町のギャラリーカフェレガロビズ にて展示会開催の予定があり、そちらでグッズの販売や、開業からのヒストリーについて展示を行うそうです。
一風変わった個性的なローカルなたこ焼き屋さんで、ディープな食の体験を一度してみてはいかがでしょうか。


リバーサイド たこ焼き もっちゃん
所在地/香川県高松市福岡町4丁目9-6マンション駐車場内
営業時間/16:00-22:00
定休/毎週火曜日、毎月最終日曜日
電話/090-5915-8267(モトイエ)

瀬戸内Finderフォトライター 小林有美

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

瀬戸内Finder 編集部

瀬戸内Finder 編集部

地元の皆さんからの写真や、在住ライターの記事で発信する、瀬戸内地域の観光情報サイト、「瀬戸内ファインダー」を作る編集部です。 瀬戸内海を囲む兵庫県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、徳島県の7県に関わる旬な情報を日々更新しています。   お問い合わせは下記まで Email : staff@setouchifinder.com

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP