2016.4.11
グルメ

瀬戸内で大人の休日を♪瀬戸内海を一望できる絶景カフェ&レストラン8選

海が見えるカフェでゆっくり大人の休日を過ごしたい♪そんな方にオススメの瀬戸内を一望できる絶景カフェ&レストランを厳選しました。地元ライターが「本当は教えたくない」と漏らす、選りすぐりのお店ばかり!
穏やかな瀬戸内海を眺めながら、ほっと一息つきませんか?

①世界最長の吊り橋が見える絶景カフェレストラン『N’OCEAN』(兵庫県)

setocafe_1

“ギネスにも認定されている世界最長の吊り橋・明石海峡大橋。
そんな世界一のスケールを誇る大橋の眺望が存分に楽しめる絶景カフェレストラン”

setocafe_2

“絶景を前に旬の魚介類を贅沢に使ったお料理がいただけるなんて最高の気分です”

setocafe_3

“テラス席の向こうはすぐ海。波しぶきがかかりそうなほどの距離感を楽しんでみてください”

どこを切り取っても絵になるこのロケーション!思わず写真にとって、SNSにアップしてしまいたくなります。
まばゆいばかりの夕暮れどきやライトアップされた大橋の夜景など、季節や時間帯によっても表情の異なる景色が楽しめる『N’OCEAN』。
ぜひ季節や訪問時間を変えて何度も訪れてみてくださいね。

>>潮の香りと海風をひとりじめ!明石海峡大橋を一望する絶景カフェレストラン/N’OCEAN(兵庫県神戸市)

②宮島の絶景を一望できる隠れ家カフェ『天心閣』(広島県)

“古くから神の島と呼ばれる、宮島。
観光に疲れてちょっと一息入れたい、そんな気分にピッタリなのが『天心閣』です”

setocafe_4

“眼下に瀬戸内海と厳島神社、目の前には五重塔と千畳閣が見渡せる贅沢なロケーション!”

setocafe_5

“ゆったりとした時間が流れる店内。
夏には花火大会、秋には紅葉と、四季折々の宮島を感じられる場所です。”

厳島神社そばの細道を進み、石段を上がると見えてくる立派な一軒家。参道からは見えない、まさに隠れ家です。
その昔、貴族の別荘として使われていたとか。自家焙煎のこだわりコーヒーとオリジナルスイーツは絶品。
小高い丘の上から見渡す宮島の風景とともにお愉しみください。

>>天空の隠れ家カフェ!宮島の絶景とスペシャルティコーヒーでほっと一息。/天心閣(広島県廿日市市)

③瀬戸内を望む丘の上のリゾートカフェ『café Misaki』(山口県)

setocafe_6

“瀬戸内海に浮かぶ周防大島。『瀬戸内のハワイ』と呼ばれる島の、小高い丘の上に立つ『café Misaki』”

setocafe_7

“美しい眺望を満喫したい方はオープンデッキへ!潮風を浴びながら、香り豊かな珈琲をいただく。
島のリゾートカフェならではの贅沢です”

setocafe_8

“お店のすぐ隣は、天然芝のウエイティングスペース。
混雑時はここでゆったり海を眺めながら待つこともできるそうですよ♪”

瀬戸内を一望できる抜群のロケーションのなか、jazzやボサノバがゆったりと流れる大人のリゾートカフェ。
人気はカレー!定番のキーマカレーや島の魚介を使ったシーフードカレーなどメニューは常時7種類以上。
海を見ながらアツアツのカレーを食べる。これがまたとっても合うんです♪

>>島で大人の休日を♪…瀬戸内を望む丘の上のリゾートカフェ/café Misaki(山口県周防大島町)

④山口県最南端の絶景カフェレストラン『瀬里家』(山口県)

setocafe_9

“ここは山口県室津半島の最南端、上関町。天気のいい日には四国の佐田岬まで見渡せる、海辺のカフェレストラン『瀬里家(せりか)』”

setocafe_10

“『瀬里家』でぜひ味わってほしい、スペイン料理がこちらです。スペインのごちそうといえば、パエリア!ブイヨンだけでも、なんと10種類前後の魚介類が使われているとか。一口ほおばると、ふわ~っと広がる濃厚な魚介のエキス。都会ではめったに見かけないウチワエビは、地元でとれたものです”

今もたくさんの船が行き交う港町・上関、その高台に立つ『瀬里家』。
瀬戸内海をクルーズするヨット乗りの方々が停泊し、食事に来られることもあるとか。
店内は明るく、天井からぶら下がるライトや大きな舵が船上をイメージさせます。
二階に上がると、さらに絶景が楽しめる客席も♪

>>山口県最南端の絶景カフェレストランで味わう瀬戸内の旬とスペイン料理/瀬里家(山口県上関町)

⑤オリーブ畑に囲まれて島の恵みを食べる店『カフェ忠左衛門』(香川県)

setocafe_11

“お店は海を見下ろす傾斜地に建っており、周囲をオリーブ畑に囲まれています”

setocafe_12

“そんなカフェ忠左衛門でいただける小豆島ならではのグルメがこちら!小豆島名物『ひしお丼』”

setocafe_13

“テラス席からは、瀬戸内海を見渡すことができます。小豆島の心地よい風も、メニューにはないごちそう!”

小豆島は国産オリーブの9割を生産するという『日本一のオリーブの島』。
『カフェ忠左衛門』は島のオリーブ農園が、オリーブのおいしさを伝えるためにオープンしたお店です。
オリーブオイルたっぷりのご当地グルメと絶景に癒されること間違いありません!

>>オリーブ畑に囲まれて、島の恵みを食べる店/カフェ忠左衛門(香川県小豆郡)

⑥瀬戸内海を五感で感じるカフェ時間『umie』(香川県)

setocafe_14

“海に浮かぶ島々、行き交う船、かもめ、雲、空。 忘れかけている港の風景、暮らし。
そのすべてを味わうことができるロケーションがumieの魅力です”

setocafe_15

“アートブックや写真集、ビンテージのチェア、古いミシン、車のシートをリメイクしたソファ、ビールの空き瓶で手作りしたランプシェイド、古いレコードジャケット…。
オーナーのお気に入りをコラージュするように配置した空間が心地いい”

コンセプトは「ここにはいつも心地いい時間が流れています」。
淹れたての珈琲、ドーナツを片手に1人本をめくったり、ビールやワイン、ピザを囲んで仲間とおしゃべりしたり。
思い思いの目的で過ごせるのがumieのいいところ!高松を訪れる際は、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>瀬戸内海を五感で感じるカフェ時間『umie』(香川県高松市)

⑦瀬戸内に浮かぶ小さな島の食堂『食堂みつばち』(愛媛県)

setocafe_16

“しまなみ海道が通る島の一つ、愛媛県の大島。
東側の海岸線を進んでいくと、「え?こんな所にこんな可愛い建物が?」と思わず振り返ってしまうほど、突然現れる可愛いカフェ『食堂みつばち』”

setocafe_17

“水色の壁が印象的なカフェスペース。目の前には穏やかな瀬戸内の海が見えます。
海を見ながら、ゆったりとした島時間を味わえるのがこちらの醍醐味”

週末になると駐車場には県外ナンバーがずらり。
2011年12月にオープンして以来口コミで全国に広がり、今では一度は行ってみたいカフェとして地元の女子たちにも大人気のお店です。
瀬戸内海を眺めながら、ゆっくり島時間を満喫できますよ~♪

>>しまなみ海道を訪れたら絶対行きたい!瀬戸内に浮かぶ小さな島の食堂/食堂みつばち(愛媛県今治市)

⑧しまなみ海道を訪れたら立ち寄りたい!『Patisserie T’s Cafe 玉屋』(愛媛県)

setocafe_18

“しまなみ海道に来たら一度は訪れたいスタイリッシュなカフェ『玉屋』。
全面ガラス張りの窓から瀬戸内の美しい景色が見られます”

setocafe_19

“ガラスの向こうはテラスになっていて、海がすぐ目の前に広がっています”

setocafe_20

“こちらが、超人気!玉屋のケーキです。
材料にこだわり、愛情たっぷりに作られたケーキは、訪れた人たちを、幸せな気持ちにさせてくれます”

美しい景色を眺めながら美味しいケーキを食べることができる、とっておきのカフェ!
建物もロケーションも味もどれも言うことなしです。
しまなみ海道を訪れたら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

>>しまなみ海道に来たら一度は立ち寄りたいグルメスポット♪/Patisserie T’s Cafe 玉屋(愛媛県今治市伯方町)

瀬戸内Finder編集部

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

この記事を取材したフォトライター

瀬戸内Finder 編集部

瀬戸内Finder 編集部

地元の皆さんからの写真や、在住ライターの記事で発信する、瀬戸内地域の観光情報サイト、「瀬戸内ファインダー」を作る編集部です。 瀬戸内海を囲む兵庫県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、徳島県の7県に関わる旬な情報を日々更新しています。   お問い合わせは下記まで Email : staff@setouchifinder.com

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP