アートの島は直島だけじゃない!徒歩で回れる!おすすめのアートの島『犬島』

朽ち果てたレンガ積みの煙突がシンボリックにそびえる犬島。
対岸の港、宝伝港(ほうでんこう)からもその姿が見て取れます。
犬島は、岡山市の中心地から車で約40−50分、宝伝港から船で約10分。瀬戸内海の島々にあって、ひときわ個性的。写真をたくさん撮りたくなるフォトジェニックな島です。

犬島は、古くは花崗石の産出で知られ、近代では銅の製錬の島として栄えました。
しかし、製錬所は1919年に廃止。最盛期は5000−6000人と言われた人口は、現在は50人程度にまで減ってしまいました。
島のシンボルである煙突は、かつての銅製錬所の跡地。栄華と衰退の象徴です。

その島が再び注目されはじめたのは2004年。
「犬島時間」というアートプロジェクトがはじまってからでした。
岡山県の写真家・青地大輔さんを中心にはじまったこのイベントは、空き家を活用したアートイベントの先駆けともいえるもので、毎年ゴールデンウィークに開催。今年で12回目を迎えました。

カラフルな頭蓋骨。観る角度によって色が変わります。不思議、欲しい。

古民家に人形が。ちょっと怖い…。

カニさん。アリさんもいます。
その後、直島などでベネッセホールディングスとともに『ベネッセアートサイト直島』の活動をする福武財団が、製錬所跡地を使ったアートプロジェクトを計画。
かつての栄華と衰退の象徴であった製錬所は、2008年に犬島精錬所美術館として生まれ変わりました。

2010年、犬島『家プロジェクト』として、企画展示をするギャラリーを公開。瀬戸内国際芸術祭の会場にも選ばれ、アートの島として新しい時代を歩みはじめました。

建築:妹島和世 アート:荒神明香『リフレクトゥ』2013
犬島『家プロジェクト』A邸。
透明なアクリルのギャラリーの中に花のモチーフが鮮やかです。


建築:妹島和世 アート:荒神明香『コンタクトレンズ』2013

レンズを通し、島の風景や家々を観ることができる犬島『家プロジェクト』S邸。

直島、豊島など瀬戸内海にはアートの島がいくつもありますが、犬島のいいところは、徒歩で島内を回れること。
犬島精錬所美術館、集落に点在する犬島『家プロジェクト』などの作品を、バスの時間を気にすることなく、自分のペースでゆっくり回ることができます。

島散策のあとは、やっぱりご飯。
こちらは犬島チケットセンターカフェのキッシュ。他にもたこ飯やスイーツもありますので、船の待ち時間にぜひどうぞ。


犬島のご案内(ベネッセアートサイト直島) http://benesse-artsite.jp/access/inujima/

犬島時間HP http://blue-works.jp/inujima/

瀬戸内Finderフォトライター アサイアサミ/浅井克俊(ココホレジャパン)

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

ココホレジャパン

ココホレジャパン

浅井 克俊/フォトライター 地域おこしプロデューサー・瀬戸内市地域おこし協力隊。 1974年、横浜生まれ。既婚・息子ひとり。広告代理店経て、タワーレコードに入社。 ブランドマネジメント、セール・キャンペーンの企画制作、タイアップ、ライヴイベントの企画運営などに携わる。 販促企画部部長、ライブ事業部部長を経て、2012年9月に退社。縁もゆかりもない岡山県瀬戸内市に移住。 同年10月より瀬戸内市地域おこし協力隊として活動をはじめる。 2013年7月「地域の魅力を 広告する会社」ココホレジャパン設立。 古民家再生、特産品の開発、地域ブランディングなどに取り組む。 ココホレジャパン http://kkhr.jp/   アサイアサミ/フォトライター エディター&ライター。 ジャンルは主にソーシャル、音楽、暮らし(家)。東京生まれの東京育ちが2012年にノリで岡山県瀬戸内市に移住しました。雑誌は「リンネル」「田舎暮らしの本」「クウネル」などで執筆。オモシロイ友だちの書籍なども制作しています。 またFM岡山の番組ディレクター、構成作家なども。 読ませる字から聞こえる字まで、モノヒトコトを日々かきかきしています。 ココホレジャパン http://kkhr.jp/

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP