雄大な蒜山三座や大山を望む一大リゾート地! / 蒜山高原(岡山県真庭市)

蒜山高原(ひるぜんこうげん)は、岡山県の北部に位置する標高500~600mの高原地帯で、西日本を代表するリゾート地の一つ。

蒜山三座(上蒜山・中蒜山・下蒜山)の山麓に比較的なだらかな地形が広がり、雄大な山並みを望むビューポイントが点在。
サイクリングやキャンプ、バーベキューなどが楽しめ、高原アクティビティが充実したエリアとして人気があります。

蒜山高原には、一帯をぐるりと周遊できるドライブコースが。
雄大な山並みを背景に車で走り抜ける爽快感は最高です!

また、車道に沿って1周約30kmの『蒜山高原自転車道』も整備されています。自転車のレンタル施設も各所に設けられていますので、高原の風を感じながらサイクリングを楽しみましょう!
(※自転車道の詳細は記事最後のリンク先ページをご覧ください)

蒜山高原は、日本最大のジャージー牛の牧地としても有名です!
牧歌的な高原風景を満喫するなら『ひるぜんジャージーランド』がオススメ!

メルヘン調の建物の奥には、蒜山三座を望む放牧エリアが広がっていて、牛たちがのんびりと歩いています。
時には柵のすぐそばまで近寄ってくるので、草をつまむジャージー牛たちとのふれあいタイムを満喫できます!

施設内の売店では、搾りたてのジャージー牛乳をたっぷり使った乳製品が購入できます。
大人気の『蒜山ジャージー贅沢ヨーグルト』は、表面に黄色いクリーム層がある、とてもクリーミィなヨーグルト。
定番の『蒜山ジャージー牛乳』は、ほんのり甘く濃厚な味わいがクセになります!
GWや夏休み期間中には、期間限定で乳搾り体験も実施しています。
最初は大きな牛を見て怖がる子供達も、スタッフの指導でミルクを搾り出す瞬間には、みんな笑顔になるはず!

蒜山高原では、天気が良い日には北北西の方角に『大山』(だいせん)も見られます。
中国地方随一の標高(1,729m)を誇る、『日本百名山』の一つに数えられる名峰です。

こちらは岡山県と鳥取県の境界近くにある『鬼女台』(きめんだい)の景色。
左奥に大山、右に烏ヶ山(からすがせん)が望める絶景スポットで、敷地内には売店やトイレもあります。

蒜山高原から大山に通じる『蒜山大山スカイライン』の中間点にあり、山並みに沈む夕陽を眺めるスポットとしてもオススメ!
また寒暖の差が増す秋の夜明けには、蒜山三座より立ち昇る朝日と市街地を包む雲海の幻想的な光景も見られます。

こちらは大山を間近に仰ぐ『鍵掛峠』(かぎかけとうげ、鳥取県日野郡江府町)の景色。
蒜山高原からは『蒜山大山スカイライン』を経由して約20kmの道のり。途中にはキャンプ場やスキー場としても有名な『鏡ヶ成』(かがみがなる)もあり、蒜山高原も含め一大リゾート地として人気のエリアです。

雄大な山並みを見られるだけでなく、サイクリングやキャンプ、バーベキューなどが楽しめ、ジャージー牛をはじめとした特産グルメも味わえる蒜山高原。
夏の避暑地としてもオススメです!


◇蒜山高原自転車道
※サイクリングマップやレンタル施設の紹介
http://cms.top-page.jp/p/maniwa/3/1/106/

◇ひるぜんジャージーランド
所在地/岡山県真庭市蒜山中福田956-222
営業時間/9:00~17:00(3月~12月) 10:00~16:00(1月~2月)
定休日/1月1日 および 1、2月の毎週水曜日(3月~12月は無休) 
駐車場/あり(無料)
http://jerseyland.hiruraku.com/

◇鬼女台(きめんだい)展望休憩所
所在地/岡山県真庭市蒜山下徳山1109
営業時間/9:00~17:00(売店・トイレ) ※駐車場は時間外でも利用可能
営業期間/4月上旬~12月中旬(冬季は通行止)
駐車場/あり(無料)
http://cms.top-page.jp/p/maniwa/3/1/19/

瀬戸内Finderフォトライター 松岡広宣

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

松岡 広宣

松岡 広宣

松岡 広宣/フォトライター 1974年生まれ、兵庫県西宮市出身、西宮市在住。メディアポリス株式会社 代表取締役。 ソーラー発電付きエコキャンピングカー【ソーラーキング号】で全国各地を訪れながら、日本の美しい風景をハイビジョン映像で撮影しています。 できうる限り全国くまなく歩き回って、貴重な日本の自然や風景を映像として後世に残していきたいと考えています。 日本全国を旅していますが、もちろん、地元の瀬戸内も大好きです! 「癒しの国 日本.TV」 ~ 日本全国を「癒しの映像」でバーチャル旅行 http://www.healing-japan.tv/

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP