山口県のおすすめ温泉スポット『長門湯本』は、恋人の聖地としても知られています/湯本温泉(山口県長門市)

新山口駅から、一両の小さな電車で車窓から覗く景色を眺めながら向かうこと約90分。

JR長門湯本駅から約1kmの湯本温泉街に到着すると、山間に流れる清流のせせらぎや鳥のさえずり、虫の音色がお出迎えしてくれます。
日常の疲れが吹っ飛び、心地良さに包まれていきます。

早速温泉街を散策してみました。
商業的に観光地化されていない素朴な街並みを満喫することが出来ます。
川の流れる音に耳を澄ませ、夜は星空を眺めながら、静かな時間を心ゆくまで堪能出来ます。



せせらぎを近くに感じながら足湯につかります。
散策で疲れた足をほどよく癒してくれる高めの温度が人気です。
長門湯本温泉は600年の歴史があり、山口県ではもっとも古い温泉として知られています。
筋肉痛や関節痛を癒すなど、疲労回復に訪れる人も多いとか。

山間の静かな温泉街をぬって流れる清流には、『音信川(おとずれがわ)』という素敵な名前が付けられています。

この清流の名『音信川』は、1768年、ここで働く湯女(ゆな)がある男性に口には出せぬ秘めた思いを文にしたため流した『音信(おとずれ)』のものがたり『音信川恋伝説』が由来となっているそうです。

素朴で、ほっとする、恋叶うまち。
ぶらり温泉旅に出かけてみてはいかがでしょうか。


湯本温泉旅館協同組合
所在地/山口県長門市深川湯本1257
電話/0837-25-3611
受付時間/9:00~17:00(年中無休)
駐車場/あり
http://yumotoonsen.com/

瀬戸内Finderフォトライター 江崎誠・菅波葉子(㈱Rainbow Sake)

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

Rainbow Sake

Rainbow Sake

菅波葉子 ㈱RainbowSake 菅波葉子(広島県出身) 2011年ハワイから帰国後、広島県に帰郷。 日本国内&ハワイの広告会社勤務の後、日本酒を海外に普及するPR会社㈱Rainbow Sakeを立ち上げました。 『SAKEで世界を笑顔で繋ぐ』その架橋になりたい!という想いで、日本とハワイ・シンガポールを中心とした海外を行ったり来たりしています。 帰国する度に地元の魅力を再発見し、瀬戸内海の心安らぐ穏やかな景色、新鮮で素朴な海の幸&山の幸に癒されています。 ㈱Rainbow Sake http://www.rainbowsake.co.jp/

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP