広島空港から徒歩3分の日本庭園! アジサイ咲き乱れる『花まつり』/三景園(広島県三原市)

100種1万株のアジサイが咲く『花まつり』

広島空港から徒歩3分。1993年に空港のオープンを記念して造られた日本庭園、『三景園』へやってきました。

1_P6150011

取材に訪れたのは6月中旬。正門のある『潮見亭』の向こうには、緑濃い木々がのぞいています。

さて、今回の目的はこちら!

2_P6150014

そう、この季節に欠かせないアジサイです。三景園では、毎年6月に100種1万株ものアジサイが見られる『花まつり』を開催。カラフルな花々が、曇りがちな景色に彩りを添えてくれます。

それでは、さっそく中へ!

P6150049

青、紫、ピンク……。淡い色から濃い色まで、どれをとっても本当に美しい! 満開になるのはもう少し先ですが、それでも十分に見応えがあります。

個性あふれる花々にうっとり

4_P6150111

こちらは、小ぶりのガクが密集して咲く『アナベル』。純白のブーケのような姿に、「かわいい!」「きれい〜」とあちこちから声が上がっていました。

5_P6150126

花の周辺をまばらにガクが囲む『ヤマアジサイ』。一見地味なように見えますが、近くで撮影するとフォトジェニック! よく見るとミツバチがとまっています。

6_P6150092

名前はわかりませんが、赤いバラのようなアジサイも緑によく映えて印象的でした。

『三景園』の名前の由来

アジサイ園を出て庭園内をぶらぶら散策していると、突然「ゴォーッ!」という爆音が。なぜなら……

7_P6150178

庭園の向こうに管制塔が! そう、ここは広島空港の目と鼻の先。しかし、この音もまったくじゃまには感じず、むしろ飛行機が見えたときは皆喜んでカメラを向けます。そんな“アトラクション”も、ここの魅力のひとつかもしれません。

最後に、三景園の名前の由来をご紹介。さて、下の写真を見て何かに似ていると思いませんか?

8_P6150197

実は、この水上に浮かんでいるかのような建物、嚴島神社をイメージして造ったのだそう。目の前に広がる池は瀬戸内海です。三景園には、この“宮島”を含む海のゾーン・山のゾーン・里のゾーンの3つがあり、このことから『三景園』の名が付けられました。

いかがでしたか? 広島の玄関口にふさわしい自然豊かな日本庭園、あなたもぜひ訪れてみてくださいね!


三景園
住所/広島県三原市本郷町善入寺64-24
開園時間/【4〜9月】9:00~18:00 【10〜3月】9:00〜17:00(入園は閉門の30分前まで) ※2019年の『花まつり』は6/7金〜6/30日
休園日/12/29,30,31
電話/0848-86-9200
入園料/大人260円、小中学生130円 ※『花まつり』などイベント期間中は、大人310円、小中学生160円 ※年齢や各種条件により、入園料が無料になる場合あり。詳しくは園へお問い合わせください
http://www.chuo-shinrin-koen.or.jp/sankei/sankei.html

瀬戸内Finderフォトライター 古川いづみ

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

古川 いづみ

古川 いづみ

古川 いづみ/フォトライター 1982年生まれ、香川県出身。東京の制作会社で雑誌やWeb媒体の編集&ライティングにたずさわったのち、2012年、結婚を機に広島へ。現在、保育園へ通う息子の送り迎えをしながら仕事をしています。取材ネタは、もっぱら週末に家族で行くドライブで収集。好きな道は西条〜三次方面の375号線、好きな食べ物は宮島のあなごめしです♡

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP