工場とあなたをつなぐ現役大学生の挑戦、瀬戸内オリジナルの受注生産ジーンズ/EVERY DENIM(岡山県)

瀬戸内Finderでは以前にも紹介しましたが、岡山(児島)は、国産ジーンズの発祥の地。児島にはジーンズストリートとよばれる通りがあり、ジーンズショップが立ち並びます。

その国産・瀬戸内のジーンズに着目した面白い取り組みがはじまりました。その名も『EVERY DENIM』。岡山大学の現役大学生・島田舜介さんがはじめた学生ローカルベンチャーです。
島田さんは、2015年3月に、日本コカコーラと世界経済フォーラムの若手起業家組織『Global Shapers Community』が連携して行った『GSC Tokyo スタートアップチャレンジキャンプ』に参加し、約1000人の中から最優秀賞を獲得したという、何やら凄そうな学生起業家なのです。

岡山はジーンズ生産が盛んで、メーカーだけはなく、町工場もたくさんあります。
しかし、メーカーの下請けにあたる工場では、自分たちの望むものづくりは難しく、また近年の厳しい価格競争により、多くの工場が経営の危機に直面しているのが現実です。
島田さんが立ち上げた『EVERY DENIM』は、工場と消費者を直接つなぎ、瀬戸内のデニムが抱える課題を解決するサービスなのです。
EVERY DENIMでは、工場がつくりたい製品(ジーンズ)をホームページ上で提案。注文を募り、最小生産数に達するとプロジェクトは成功。そのジーンズが製造・販売され、注文をした人に届けられます。

こちらが第1弾商品。
インディゴで染めた上に、ベンガラで更に染め、ユーズド加工を施したものです。
ベンガラとは、土から取れる酸化鉄のことで、染料として岡山では盛んに生産されていました。
デニムとベンガラ、岡山の2つのものづくりが出会ったこの商品、クラウドファンディングで支援を集めたところ、目標金額の2倍以上の約200万円もの資金が集まりました。

既に、クラウドファンディングは終了しましたが、島田さんたちの挑戦ははじまったばかり、「瀬戸内から世界へ」を合言葉に、2016年初頭から新しい商品の受注を開始するとのことです。
メールを登録すれば、情報が届くということですので、ご興味のある方は下記HPを御覧ください。
世界的にも高く評価されている瀬戸内のジーンズ。
その中でも高い志とオリジナリティが込められたEVERY DENIM。注目です。


EVERY DENIM
HP/http://everydenim.com/

瀬戸内Finderフォトライター・浅井克俊/アサイアサミ(ココホレジャパン)

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

ココホレジャパン

ココホレジャパン

浅井 克俊/フォトライター 地域おこしプロデューサー・瀬戸内市地域おこし協力隊。 1974年、横浜生まれ。既婚・息子ひとり。広告代理店経て、タワーレコードに入社。 ブランドマネジメント、セール・キャンペーンの企画制作、タイアップ、ライヴイベントの企画運営などに携わる。 販促企画部部長、ライブ事業部部長を経て、2012年9月に退社。縁もゆかりもない岡山県瀬戸内市に移住。 同年10月より瀬戸内市地域おこし協力隊として活動をはじめる。 2013年7月「地域の魅力を 広告する会社」ココホレジャパン設立。 古民家再生、特産品の開発、地域ブランディングなどに取り組む。 ココホレジャパン http://kkhr.jp/   アサイアサミ/フォトライター エディター&ライター。 ジャンルは主にソーシャル、音楽、暮らし(家)。東京生まれの東京育ちが2012年にノリで岡山県瀬戸内市に移住しました。雑誌は「リンネル」「田舎暮らしの本」「クウネル」などで執筆。オモシロイ友だちの書籍なども制作しています。 またFM岡山の番組ディレクター、構成作家なども。 読ませる字から聞こえる字まで、モノヒトコトを日々かきかきしています。 ココホレジャパン http://kkhr.jp/

「おみやげ・お取り寄せ」のランキング

「おみやげ・お取り寄せ」の記事はまだまだあります

おみやげ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP