岡山県キャンプ場情報まとめ/津黒高原・砂川公園・大佐山・前島

岡山県には瀬戸内海で海水浴ができるキャンプ場から、山麓で美しい森に囲まれたキャンプ場など、たくさんのキャンプ場があります。今回はその一部をご紹介。大自然の中でBBQをしたりテントに泊まって、思い出の一ページを綴ってくださいね!

津黒高原キャンプ場(岡山県真庭市)

camp1-tsuguro

『小さな子供たちとファミリーに優しく大自然にふれあえる』がコンセプトの津黒高原キャンプ場。
AC電源付きもあるオートキャンプサイトと、広々と利用できるフリーサイトがあります。

キャンプ場があるのは、真庭市の北東、標高1,118mの津黒山の麓に広がる津黒高原。
約16haの自然公園『津黒いきものふれあいの里』では、渓流釣りや魚の掴み取りなども体験できます。
キャンプ場から徒歩5分の場所にある『津黒高原荘』には日帰り利用OKの温泉も! 絶景の大浴場、露天風呂をお楽しみに。


津黒高原キャンプ場
住所/岡山県真庭市蒜山下和1080-1
アクセス/湯原ICから約20分
電話番号/0867-67-2655
営業期間/4月末~10月末
https://www.tsuguro.jp/campsite/index.html

砂川公園(岡山県総社市)

camp2-sunakawa

温羅(うら)伝説で知られる、総社市の鬼城山。その山裾を西東に流れる砂川を中心とした河川公園が砂川公園です。
全長45mの天然のウォータースライダーや、川遊びができるプレイスポットがあり、ファミリー層に人気。
AC電源のないフリーサイトなので、利用料金がお手頃なのも嬉しいポイントです。


砂川公園
住所/岡山県総社市黒尾792
アクセス/岡山道(岡山総社IC)から約10分 、山陽道(倉敷IC)から約20分
電話番号/0866-92-1118(管理事務所)
http://www.city.soja.okayama.jp/kanko_project/kanko/kannkou_bunnka/sisetu/sunagawa_kouen.html

大佐山オートキャンプ場(岡山県新見市)

camp3-oosayama

新見市の備作山地県立自然公園一角にある大佐山は、標高988m。山頂は360度見渡せ、中国山脈の山なみを眺められます。
大佐山山麓にある『大佐山オートキャンプ場』は規模が大きく、設備も充実。AC電源あり・なしが選べる区画サイトのほか、西日本最大級のトレーラーハウス、大人数で泊まれる大型ロッジもあり、いろんなスタイルでキャンプが可能。
嬉しいのはゴミステーションがあること! ゴミ袋を準備すればゴミは捨てて帰られますよ。

難易度ガチレベルのリアル宝探し「トレジャーグランプリ」、ヘッドライト装着で挑む洞窟探検、渓流の水遊びが楽しいシャワートレッキング、カヌー体験などアクティビティも充実! 大人もはしゃぐ自然体験を満喫しましょう。


大佐山オートキャンプ場
住所/岡山県新見市大佐小南1
アクセス/ETC装着車は大佐SAスマートICより上下車可10分、中国道新見IC下車~R180~県道32  約30分
電話番号/0867-98-3711
https://www.0380.jp

サンビーチ前島キャンプ場(岡山県瀬戸内市)

牛窓の沖に浮かぶ周囲10キロの前島。島全体が国立公園に指定されている前島は別名『緑島』と呼ばれ、美しい松林や自然林があります。
『サンビーチ前島キャンプ場』は、その前島に渡る「前島フェリー」が運営するキャンプ場で、車の乗り入れOK。
目の前に穏やかな瀬戸内海が広がり、島時間のキャンプが楽しめるのが何よりの魅力です。

コチラの営業期間はGW、夏季限定、宿泊利用のみ。
毎年夏には約90分のクルージングが楽しめる納涼船も運航しているので、キャンプとセットで楽しむのもいいですね。


サンビーチ前島キャンプ場
住所/岡山県瀬戸内市牛窓町前島
アクセス/岡山ブルーライン邑久IC~牛窓港~フェリーで5分乗船~前島到着
電話番号/0869-34-4356(緑の村公社)
https://www.maejima-island.info/maejima

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

Hashtags

旬のキーワード

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Release

瀬戸内リリース

Ranking

記事ランキング

Keyword

人気のキーワード

Hashtags

旬のキーワード

Features

特集

特集一覧
こちらもおすすめ
せとうちを巡ろう!旅行先の「ちょっと先」に行きたい場所が見つかる。
瀬戸内海はいろんな橋や船で繋がる、「めぐる」のに便利な場所。せとうちの魅力を堪能するには、1か所だけじゃもったいない。せっかくなら、もう一足伸ばして、別の魅力も体験しませんか?
PAGE TOP