歴史ファン必見! 天井裏に発見された坂本龍馬の隠れ部屋/桝屋清右衛門宅・gallery shop MASUYA(広島県福山市)

情緒あふれる広島の港町、鞆の浦。見どころはたくさんありますが、今回ご紹介するのは、幕末のヒーローとして不動の人気を誇る坂本龍馬ゆかりの地。歴史の面影が色濃く残るスポットへ、いざ参らん!

入り口はオシャレな古民家ギャラリー

1_P6240092

やってきたのは一軒の古い建物。入り口を見ると、歴史スポットというよりはオシャレなお店のようですが……さっそく入ってみましょう!

2_P6240065

ここは雑貨屋さん!? 店内には、封筒や手ぬぐいなどかわいいアイテムがいっぱい。こちらは、江戸時代の商家『桝屋清右衛門宅』の土間を活用した『gallery shop MASUYA』です。

店内もゆっくり見たいのですが、今回の目的はあくまで龍馬! 実は、ここから板の間へ上がって奥へ進むと、彼が暗殺の数ヶ月前に滞在した隠れ部屋があるというのです。入館料200円を払って、再びいざ参らん!

天井に謎の空間を発見!?

3_P6240034

順路に従って進むと、坂本家の家紋『桔梗紋』が登場。ようやく、ゆかりの地である実感が湧いてきました。さて、『隠れ部屋』というからにはどこかに仕掛けがあるはず。ぐるっとあたりを見回すと……

4_P6240063

むむー!! 天井に怪しい空間を発見! 写真右上に、一カ所板の外れた場所があるのがわかるでしょうか?

この桝屋清右衛門宅には、近年まで「幕末に坂本龍馬が泊まった」という言い伝えがありました。そして1989年、地元有志がその言い伝えをもとに建物内を調べたところ、天井板の一部が外れ、隠れ部屋が見つかったのです。

修復を経て2011年から建物を一般公開。現在は、階段で天井裏へ上がれるようになっています。

5_P6240036

隠れ部屋の前には、貿易結社『海援隊』メンバーらのパネルが。左から3番目が坂本龍馬です。

当時のまま現存する龍馬の隠れ部屋

そして、とうとう隠れ部屋に到着!

6_P6240041

1867年に瀬戸内海沖で起こった『いろは丸事件』(海援隊の船と紀州藩の船との衝突事件)の際、龍馬は相手方との交渉のため4日間ここに滞在しました。その後、いつしか部屋は閉ざされ、1989年の発見まで誰にも知られることなく存在していたのです。

さらに、部屋の奥にはこんなものが!

7_P6240046

龍馬が滞在時に書いたと思われる手紙(複製)です。こうした展示物からリアルに彼の存在を感じる一方、このわずか半年後に京都で暗殺されることを思うと、グッと来るものがあります。

すっかり幕末の世界に浸り、感無量。そして入り口のショップへ戻ると、面白いものを発見!

8_P6240078

龍馬の消しゴムはんこです。吹き出しの中にはいったいどんな言葉が入るのか!?

あなたもぜひ、幕末のヒーローが滞在した貴重な隠れ部屋を見に来てみてくださいね! その際は、小説や漫画で坂本龍馬の物語を予習することをおすすめします♪


桝屋清右衛門宅・gallery shop MASUYA
所在地/広島県福山市鞆町鞆422
営業時間/9:00〜16:30
定休日/火〜木曜日(祝日の場合は営業)
電話/084-982-3788
入館料/大人200円、小中高生100円(ギャラリーショップ内は無料)
【桝屋清右衛門宅】http://www.konnichiha.com/masuya/
【gallery shop MASUYA】https://www.facebook.com/tomo.masuya/

瀬戸内Finderフォトライター 古川いづみ

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

古川 いづみ

古川 いづみ

古川 いづみ/フォトライター 1982年生まれ、香川県出身。東京の制作会社で雑誌やWeb媒体の編集&ライティングにたずさわったのち、2012年、結婚を機に広島へ。現在、保育園へ通う息子の送り迎えをしながら仕事をしています。取材ネタは、もっぱら週末に家族で行くドライブで収集。好きな道は西条〜三次方面の375号線、好きな食べ物は宮島のあなごめしです♡

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP