野菜もパスタもまんまも借りにいきたくなる岡山オリジナル・バーニャカウダ/ままニャカウダ(岡山県)

まんま(ご飯)を借りて食べたくなるほど美味しいというのが、由来と言われる岡山を代表する魚『ままかり』。
主に酢漬けなどで食べられるこの魚をイタリアンの『バーニャカウダ・ソース』風にアレンジしたのが、この『ままニャカウダ(ままかりのバーニャカウダ)』です。

ままニャカウダの材料になっているのは、以前ご紹介した『ままチョビ(ままかりのアンチョビフィレ風)』です。
ままチョビは、岡山の伝統食材「ままかり」を、現代の食卓でも楽しめるようにと企画された商品。
味はもちろん、その取り組みやネーミング・デザインのユニークさから、メディアなどでも多く取り上げられ話題です。

ままニャカウダは、ままチョビをベースに、にんにく、カシューナッツなどをオリーブオイルと一緒に混ぜたソースです。
ままチョビより、調理の手間がなく、手軽に使うことができます。



温野菜にかけたり、パスタに混ぜたり、野菜にディップするだけでもOK。
少し温めてもらうとぐっとおいしくなります。

ままかりは、コハダ等と同じニシン科の魚です。
そのさっぱりとした旨味を活かしたままニャカウダは、イタリア料理だけではなく、ご飯のおともとしても楽しんでいただけます。
ままニャカウダとままチョビは、『ままかRe:Project(ままかりぷろじぇくと)』という、ままかり(特産品)の新しい可能性を提案するプロジェクトによる商品。
酢漬けで食べられることの多い、ままかりをイタリア料理にアレンジすることで、若い人にも食べてもらおう、新しいままかりの魅力を提案しようというものです。

ままチョビとままニャカウダは、岡山県瀬戸内市玉津地区の遊休施設を活用し、地元の方の協力を得て製造しています。
ままかRe:Projectは、岡山の特産品の可能性を広げて、地域に根ざした仕事をつくろうという取り組みでもあるのです。

ままニャカウダは、岡山のアンテナショップ『とっとり・おかやま新橋館』の他、下記の店舗にて販売中。
ままかりを知っていた人も、はじめて知った人も、古くて新しい岡山の味をぜひお試しあれ。

<取扱店舗>
天満屋岡山店 岡山贔屓
アリオ倉敷 天満屋ふるさと館
イオンモール岡山 ハレマチ特区365
岡山空港 岡山特産館 桃太郎
とっとり・おかやま新橋館
ココホレ物産<http://shop.kkhr.jp/
ほか


お問い合わせ
ココホレジャパン株式会社
所在地/700-0026 岡山県岡山市北区奉還町2-9-30
mail/hello@kkhr.jp
HP/http://mamakari.kkhr.jp

瀬戸内Finderフォトライター 浅井克俊/アサイアサミ(ココホレジャパン)

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

この記事を取材したフォトライター

ココホレジャパン

ココホレジャパン

ココホレジャパンは、岡山を拠点に全国で「地域の魅力を広告する」インディペンデントでオルタナティブな広告会社です。 雑誌「TURNS」の企画制作、岡山を代表する魚「ままかり」の可能性を探すプロジェクト=「ままかRe:Project」の主催のほか、CMやグラフィック制作など、広告屋さんぽいこともたまにしています。 大都市のモノマネ・劣化版ではない、その地域・企業だけの魅力を掘り起こし、デザイン・編集して、「これ、いいでしょ!」と伝えていく。 それが私たちの仕事です。 ココホレジャパン http://kkhr.jp

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP