オリーブオイルともろみが奇跡のマッチング! 小豆島のご当地グルメ『ひしお丼』レシピ/カフェ忠左衛門(香川県小豆郡)

瀬戸内海では淡路島に次いで2番目に大きな島、小豆島(しょうどしま)。実は、醤油・そうめん・オリーブなどの名産地としてもよく知られています。そんな食の宝庫の島から、とっておきのレシピをお届け!

おじゃましたのは、以前こちらの記事でご紹介した『カフェ忠左衛門』。もろみや地元野菜を使った島のご当地グルメ『ひしお丼』の作り方を教えてもらいました。

※お店でうかがった作り方をもとに、編集部でご家庭用のレシピに再編成しています。

☆カフェ忠左衛門風『ひしお丼』の作り方☆

【材料(4人前)】
◎具材
・カボチャ    1/8個
・ジャガイモ   1個
・サツマイモ   小1本
・ニンジン    小1本
・カブ      小1個
・ナス      小1本
・玉ネギ     小1個
・甘トウガラシ  4本
・鯛の切り身   4切れ
・そうめん    1束
・井上誠耕園 ピュアオリーブオイル(以下、『ピュアオイル』と表記) 1カップ
・井上誠耕園 エキストラヴァージン完熟オリーブオイル(以下、『EXオイル』と表記) 1カップ

◎もろみソース
・ショウガみじん切り 少々
・水         40cc
・市販のもろみみそ  100g
・EXオイル      50cc

◎ごはん
・米       3合
・和風だし    炊飯器の3合分の目盛りまで
・しょうゆ    ひとまわし
・EXオイル    ひとまわし

【作り方】
<1>『ごはん』の材料を炊飯器に入れ、炊いておく。

<2>そうめんを固めにゆで、鯛の切り身に巻く。フライパンにピュアオイルを入れ、揚げ焼きする。あとでオーブンで焼くので、軽く色づく程度でOK。

<3>野菜類をすべて4等分にする。カボチャ・ジャガイモ・サツマイモ・ニンジン・カブは、皮付きのまま下茹でしておく。

<4>オーブンの天板にクッキングシートを敷き、<2>と<3>をのせ、EXオイルを回しかける。

↑写真は1人前の分量。

<5>オーブンを200℃で余熱し、<4>を約5分焼く。

<6>具材を焼いている間に、もろみソースを用意。もろみソースの全材料を小鍋でよく混ぜ合わせ、焦げに注意しながら6〜7分ほど弱火で軽く煮詰めて完成。

<7>炊きあがったご飯に、EXオイル(分量外)ともろみソースを適量まわしかける。

<8>焼き上がった具をのせ、最後にもう一度もろみソースをまわしかけて完成。

\いただきます!!/

もぐもぐもぐ……なんと!! 甘辛いもろみソースにオリーブオイルのコクが加わって、いままでにないおいしさ! ボリュームたっぷりでも野菜中心なので、ダイエット中の方にもおすすめです♡

【ポイント】

・具材には、あえて下味をつけていません。その分、素材の味やオリーブオイルの香りを存分に楽しむことができます。

・野菜は旬のものならなんでもOK。お店でも、小豆島で採れた季節の野菜を取り入れています。

以上、オリーブに囲まれた島から、とっておきのご当地グルメレシピをご紹介しました。あなたもぜひ、試してみてくださいね!


カフェ忠左衛門
所在地/香川県小豆郡小豆島町池田2267-5(井上誠耕園内)
営業時間/11:00~17:00 ※平日の食事は15:00まで ※事前に予約すれば、夜の利用も可能
定休日/火曜日 ※ただし、4月~11月の期間は無休
電話/0879-75-0282
【カフェ忠左衛門 公式HP】http://www.inoueseikoen.co.jp/cafe/
【井上誠耕園 オンラインショップ】http://www.inoueseikoen.co.jp/

瀬戸内Finderフォトライター 古川いづみ

大きな地図を見る>

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

古川 いづみ

古川 いづみ

古川 いづみ/フォトライター 1982年生まれ、香川県出身。東京の制作会社で雑誌やWeb媒体の編集&ライティングにたずさわったのち、2012年、結婚を機に広島へ。現在、保育園へ通う息子の送り迎えをしながら仕事をしています。取材ネタは、もっぱら週末に家族で行くドライブで収集。好きな道は西条〜三次方面の375号線、好きな食べ物は宮島のあなごめしです♡

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP