裏見の滝!?滝の裏側から眺める境内と弘法大師像! / 星の岩屋(星谷寺)(徳島県勝浦郡勝浦町)

徳島県にはユニークかつ優美な滝がたくさんあることをご存知ですか?

今回は滝を裏側から眺めることができる、珍しい『裏見の滝』をご紹介します!

 

 

こちらは徳島県東部に位置する『星谷寺(しょうこくじ)』の参道。

この寺院は、四国八十八箇所の第19番札所『立江寺(たつえじ)』の奥の院です。

 

参道を登る階段の途中に2本の杉の巨木が立っていますが、そこから右側へと続く通路があり、しばらく進むと水音が聞こえてきます。

 

 

こちらがその水音の正体!

なんと、境内の中に滝が流れ落ちているのです!滝の名称は『不動の滝』。

 

滝の手前には『弘法大師』の石像が立っていますが、かつて人々に災禍をなしていた悪星を弘法大師様が法力で地上に引き下ろして、この岩場に封じ込めたという伝説が残っています。

 

 

その弘法大師様の法力によるものなのでしょうか?

滝が流れ落ちている岩盤は斜めに大きく割れていて、滝の裏側へ回りこめるようになっています。

 

 

この『不動の滝』は、滝を裏側から見られることから別名『裏見の滝』とも呼ばれます。

巨大な岩盤の下を通って滝の裏側を歩くのは、ちょっとスリルのある体験!頭を岩にぶつけないように慎重に滝の裏側へ回りこみます。

 

 

こちらが滝の裏側から眺める景色です!

水のカーテンを通して弘法大師像や境内の建物が見られる神秘的な光景!

 

 

岩を伝って水が流れ落ちていて、手を伸ばせば滝の水を直接汲んで飲むこともできます。

 

 

また滝の裏側に広がる空間には、祠(ほこら)がいくつか建立されています。

辺り一帯が神聖な雰囲気で、なかなか立ち去りがたい場所です。

 

 

実は、滝の裏側の亀裂は洞穴(岩屋)になっていて、そのまま進むと反対側の出口へと通じています!

『星谷寺』は別名『星の岩屋(ほしのいわや)』とも呼ばれていて、この岩屋が寺院の聖地となっているのです。

 

 

こちらが『星の岩屋』の手前に鎮座する本堂。

最後にお参りをして帰路につきました。

 

 

日本全国に『裏見の滝』はいくつか存在しますが、滝の裏側から境内を眺めるというのは、他ではなかなかできない珍しい体験ではないでしょうか?

 

星谷寺の境内に通じる車道はやや細くて注意が必要ですが、徳島市からも比較的近くアクセスしやすい滝です。機会があれば、ぜひ訪問してみてください!

 

 


◇星の岩屋(星谷寺)
所在地/徳島県勝浦郡勝浦町星谷
駐車場/あり(境内近くの高台に数台分の駐車スペースがあります)
http://www.town.katsuura.lg.jp/docs/2010111000583/

瀬戸内Finderフォトライター 松岡広宣

大きな地図を見る>

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

松岡 広宣

松岡 広宣

松岡 広宣/フォトライター 1974年生まれ、兵庫県西宮市出身、西宮市在住。メディアポリス株式会社 代表取締役。 ソーラー発電付きエコキャンピングカー【ソーラーキング号】で全国各地を訪れながら、日本の美しい風景をハイビジョン映像で撮影しています。 できうる限り全国くまなく歩き回って、貴重な日本の自然や風景を映像として後世に残していきたいと考えています。 日本全国を旅していますが、もちろん、地元の瀬戸内も大好きです! 「癒しの国 日本.TV」 ~ 日本全国を「癒しの映像」でバーチャル旅行 http://www.healing-japan.tv/

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP