まるで海中散歩の気分!船の中からサンゴ礁や熱帯魚が見られる! / 海中観光船ブルーマリン号(徳島県海部郡海陽町)

徳島県の最南端に位置する『竹ヶ島(たけがしま)』は、『南海の宝石』とも称される南国的な海岸美を誇る景勝地!

周辺海域は『竹ヶ島海中公園』に指定されていて、20種類以上のサンゴが生息しカラフルな熱帯魚も泳いでいます。

 

 

その『竹ヶ島海中公園』の魅力をたっぷりと堪能できるのが『海中観光船ブルーマリン号』!

乗船定員50名の観光遊覧船で、約45分かけて竹ヶ島湾を一周します。

 

 

竹ヶ島の入口付近にある海洋自然博物館『マリンジャム』で乗船手続きを行い、港から出航!竹ヶ島の北西部一帯に広がるサンゴ礁を目指します。

まずはデッキから眺める透き通るような海に感激!

 

 

そして、この『ブルーマリン号』の特長は、船底に設けられた展望室!

海底に生息するサンゴ群やカラフルな熱帯魚を座ったまま見ることができます。

 

 

その展望室からの眺めがこちら。

サンゴの間を熱帯魚が泳いでいる光景は、まるで海中散歩を楽しんでいるような気分! 

シコロ珊瑚やエダミドリイシ珊瑚などが観察でき、大人気のクマノミが泳いでいることも!

 

 

しばらく海中散策を楽しんだ後、再び上のデッキに移動して心地よい潮風を受けながら周辺の景色を眺めます。

海上と海中から『南海の宝石』と呼ばれる『竹ヶ島海中公園』の魅力をたっぷりと堪能しましょう!

 

 

こちらは『ブルーマリン号』の乗船券を販売している海洋自然博物館『マリンジャム』。

乗船後は、ぜひ館内をゆっくりと見学してください。

 

 

『マリンジャム』では、竹ヶ島や水床湾(みとこわん)をのんびりとシーカヤックで巡るガイドツアーも受け付けています。

(大人1名3,000円~)

 

 

また世界中のクマノミを一同に集めた『クマノミ館』も併設されています。中は水槽がたくさん並んでいて、世界各地の貴重な品種のクマノミが見られます。

(入館料:大人1名300円)

 

 

のんびりと泳ぐクマノミを眺めていると癒されますね~。

水槽ごとに違う種類が見られ、クマノミがこんなに多品種だと知って驚きました!

 

 

竹ヶ島海中公園は『室戸阿南海岸国定公園』に属し、生育の北限ともいわれる熱帯魚やサンゴの群生など、貴重な自然が残ります。

『海中観光船ブルーマリン号』に乗って、外の景色はもちろん、美しい海中の様子もたっぷりと堪能してください!

 

 

———————————————————–

◇海中観光船ブルーマリン号

所在地/徳島県海部郡海陽町宍喰浦字竹ヶ島28-45

駐車場/あり(無料)

乗船券販売場所/海洋自然博物館マリンジャム館内

料金/大人 1,800円  小人 900円

運航時間/1時間毎(9~16時)12時発の便はGW・お盆・年末年始のみ運航

休航日/毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日)GW・夏休み・年末年始は営業

http://www.kaiyo-kankou.jp/index.php/guide

 

 

◇クマノミ館

所在地/徳島県海部郡海陽町宍喰浦字竹ヶ島28-45(海洋自然博物館マリンジャム館内)

駐車場/あり(無料)

料金/大人(中学生以上) 300円 小人(小学生以下)200円

休館日/毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日)GW・夏休み・年末年始は営業

http://www.kaiyo-kankou.jp/index.php/guide/bear-flea

 

 

瀬戸内Finderフォトライター 松岡広宣

 

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

松岡 広宣

松岡 広宣

松岡 広宣/フォトライター 1974年生まれ、兵庫県西宮市出身、西宮市在住。メディアポリス株式会社 代表取締役。 ソーラー発電付きエコキャンピングカー【ソーラーキング号】で全国各地を訪れながら、日本の美しい風景をハイビジョン映像で撮影しています。 できうる限り全国くまなく歩き回って、貴重な日本の自然や風景を映像として後世に残していきたいと考えています。 日本全国を旅していますが、もちろん、地元の瀬戸内も大好きです! 「癒しの国 日本.TV」 ~ 日本全国を「癒しの映像」でバーチャル旅行 http://www.healing-japan.tv/

「クルーズ」のランキング

「クルーズ」の記事はまだまだあります

クルーズ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP