ちっちゃいけれど、旨味ぎっしり! 屋島名物『いいだこおでん』/れいがん茶屋(香川県高松市)

高松市の中心部から車で約20分。今回は、四国霊場第84番札所の屋島寺や源平合戦などで有名な、『屋島』にやって来ました。

お遍路さんに混じって参拝を済ませ、向かったのは一軒の茶店。なんでも、ここに瀬戸内らしい名物グルメがあるのだとか!

店の名前は『れいがん茶屋』。明治なかごろ創業の老舗で、古くからお寺参りや旅の人がここで疲れを癒してきました。

さて、さっそくメニューを開いてみると……

『いいだこおでん』! 香川出身の私はピンときました。これが例の名物にちがいありません。イイダコは大きさ5〜20cmの小柄なタコで、瀬戸内の特産です。ちなみに、イイダコの『イイ』とは『飯(いい)』のこと。冬になるとメスの頭には卵が詰まり、それがまるで米粒のように見えることから『イイダコ』の名が付いたそうです。

と、うんちくを語っている間に料理が登場!

ちっちゃい! かわいい♡ おでんだしの海から釣り上げられた、ほっかほかのイイダコ♪ タコ特有の風味と、甘酸っぱい酢みそがよく合います。

近づいてみて見ると、イイがはじけてる! 身とはまた違ったコクのある味わいが印象的です。小さいけれど、旨味が凝縮された逸品。ごちそうさまでした!

おみやげも発見! ちなみにイイが入っていないものは、そのぶん体に栄養分が行き渡っているので、身の旨味が豊富なのだとか。

「屋島に来たら、やっぱり『イイダコ食べて、かわらけ投げ*』。この定番コースを、変わらずに提供し続けるのが大事だと思っています」

こう語ってくれたのは、『れいがん茶屋』オーナーの森さん。屋島の歴史にも詳しく、『日本書紀』にも屋島の名が登場したことなどを教えてくれました。

*小さい皿状の土器を投げて、開運や厄除けを祈願すること。

屋島は香川県屈指の絶景スポット。天気がよければ山頂から瀬戸内海の多島美が見渡せます。イイダコを食べ、海に向かってかわらけ投げをしてこその屋島詣で。あなたもぜひ、体験してみてくださいね!


れいがん茶屋
所在地/香川県高松市屋島東町1784
営業時間/8:30~17:00 ※7〜9月の『ゆうやけいフェスタ』期間中の金・土曜日(団体予約があれば他の曜日も可)は、18:00~21:30も営業
定休日/週1回不定休
電話/087-841-9636
http://www.reigan-chyaya.jp/

瀬戸内Finderフォトライター 古川いづみ

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

古川 いづみ

古川 いづみ

古川 いづみ/フォトライター 1982年生まれ、香川県出身。東京の制作会社で雑誌やWeb媒体の編集&ライティングにたずさわったのち、2012年、結婚を機に広島へ。現在、保育園へ通う息子の送り迎えをしながら仕事をしています。取材ネタは、もっぱら週末に家族で行くドライブで収集。好きな道は西条〜三次方面の375号線、好きな食べ物は宮島のあなごめしです♡

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP